不動産の売却・購入・査定に役立つ情報サイト

最新記事

access_time2017年1月6日

【知っておきたい!】賃貸アパート経営でかかる税金の基本

賃貸アパート経営をする場合には、建築基準法や借地借家法などについて、ある程度理解することも大切ですが…

access_time2017年1月6日

新法の借地権はフクザツ?定期借地権は契約満了したらどうなる?

こんにちは、自称“不動産業界の申し子”、コンサルタントF山です。 1992年に制定された借地借家法に…

access_time2016年12月21日

少子高齢化が空き家を増加させている!?

相次ぐ不動産売却時のトラブル 相続が絡む不動産のトラブルは近年かなり増加しており、中でも売却をする際…

access_time2016年12月20日

更新料や礼金は実は日本独特の仕組みだった!!

「預り金」には見直しが必要? 日本経済新聞は、オフィスビルに入るテナントがオーナーに支払う「預り金」…

access_time2016年12月20日

固定資産税の計算方法を知る!住宅購入前の豆知識!

住宅購入を検討していると固定資産税というワードをよく耳にすることでしょう。しかし、その実態を知ってい…

access_time2016年12月16日

人気急上昇!ビンテージマンションってどういう物件?

東日本不動産流通機構が公表した「築年数から見た首都圏の不動産流通市場」によると、2012年1〜12月…

access_time2016年12月16日

それほどうまい話でもない!?不動産投資と節税の関係

節税対策といえば、不動産投資がまず思い浮かぶという人も多いでしょう。しかし、不動産投資をすると税金が…

access_time2016年12月15日

都心にコンパクトマンションが増えた理由に迫る!

先日、東京都が発表したデータによると、2025年に人口が1,398万に到達するということが分かりまし…

access_time2016年12月14日

人民元安は海外不動産進出の切り札かも!?

2016年10月31日に公表された「胡潤報告書」によると、中国で裕福に暮らす人達の約6割は、3年以内…

access_time2016年12月12日

住宅ローンが払えないときの救世主!その3ステップとは?

住宅ローンが払えないという状況になっても、人生が終わったわけではありませんので、諦めてはいけません。…

access_time2017年1月29日

知れば納得・安心!SRC造・RC造・S造の特徴やメリットを学ぼう!

こんにちは、自称“不動産業界の申し子”、コンサルタントF山です。マンションの骨とも言うべき構造は、S…

access_time2017年5月11日

入居月で住宅ローンの控除額が変わるってホント!?

こんにちは、自称“不動産業界の申し子”、コンサルタントF山です。 「入居月で住宅ローンの控除額が変わ…

access_time2017年8月21日

知っておきたい!共同担保の基礎知識

こんにちは、自称”不動産業界の申し子”、コンサルタントF山です。 不動産投資…

access_time2016年12月20日

固定資産税の計算方法を知る!住宅購入前の豆知識!

住宅購入を検討していると固定資産税というワードをよく耳にすることでしょう。しかし、その実態を知ってい…

access_time2017年4月7日

不動産の売却業者でお悩みの方は二重契約にご注意!

こんにちは、自称“不動産業界の申し子”、コンサルタントF山です。 不動産売却をご検討中の皆さん、「不…

access_time2017年1月21日

調べても全然わからない人へ!「所有権移転の留保」を超やさしく解説します

こんにちは、自称“不動産業界の申し子”、コンサルタントF山です。 「所有権移転留保」っていかにも難し…

access_time2017年1月19日

5つのエリアでバランスがいい国際都市の品川区の魅力に迫る!

東京23区の南部に位置する品川区。古くから交通や交易の要衝として発展してきた歴史があり、江戸時代には…

access_time2017年1月23日

似てるようで全然違う!根抵当権と抵当権の違いをマスターしよう!

こんにちは、自称“不動産業界の申し子”、コンサルタントF山です。 根抵当権と抵当権、見たり聞いたりし…

access_time2016年12月15日

都心にコンパクトマンションが増えた理由に迫る!

先日、東京都が発表したデータによると、2025年に人口が1,398万に到達するということが分かりまし…

access_time2017年1月6日

【知っておきたい!】賃貸アパート経営でかかる税金の基本

賃貸アパート経営をする場合には、建築基準法や借地借家法などについて、ある程度理解することも大切ですが…

menu