抵当権

抵当権とは住宅ローンなどで融資を受けた時に、家と土地をその融資の担保として確保していくためのものです。

住宅ローンを組んで家を購入する場合、そのローンを組んだ銀行や住宅金融支援機構が、その不動産を担保にとります。これを一般に、不動産に抵当権を設定するといいます。
住宅ローンの支払いができなくなったときは、その家と土地(担保)をそのローンを組んだ銀行や住宅支援機構が差し押さえを行います。

 

住宅ローン以外の借入金などについても、同じように抵当権を設定することができます。
物の仕入れ代金や金銭の貸し借りの際には、その会社の代表者などを保証人にすることがあるかと思いますが、抵当権は、人ではなくその不動産(物件)を保証人にします。
抵当権を設定する場合、その不動産の所有者との間で、抵当権設定契約書を作成し、法務局に届け出て、抵当権設定登記を行う必要があります。

 

抵当権設定登記とは法務局に、「この家と土地の所有者がお金を借りた銀行に住宅ローンを支払えなくなったら、その銀行が家と土地を優先的に取り上げる権利があります」という届出をすることです。

また、  住宅ローンが終了し、完済となれば、抵当権設定登記が不要になるため、抵当権抹消登記の手続きを行います。

 

 

【関連記事】

▶︎似てるようで全然違う!根抵当権と抵当権の違いをマスターしよう!

キーワードから用語を探す

キーワードを入力して検索

50音順から用語を探す

menu