修繕積立金

修繕積立金とは、マンションを長期間維持・安全確保をするために、区分所有者全員で賄う積立金のことです。この積立金は、将来の大規模修繕や定期的なメンテナンスメンテナンス、突発的な修理等の事態に備えて行うものです。金額は、区分所有者の専有面積の割合に応じて決定され、管理組合が徴収し管理を行います。修繕費用の総額は、長期修繕計画に基づいて計算されますが、想定金額を上回る場合は手出しで現金を支払わなければならない場合もあります。

 

【関連記事】

▶︎築年数が古いマンション購入時はご注意!建て替えリスクを調査しよう

▶︎管理組合あるある?修繕積立金が足りないなんて!そんな時どうする?

▶︎管理組合の運営は結構ツライ!法人化することで得られるメリットって何?

キーワードから用語を探す

キーワードを入力して検索

50音順から用語を探す

menu