一般媒介契約

一般媒介契約とは、媒介契約の一つであり、依頼主(売主または買主)が複数の宅地建物取引業者に1社に限定することなく重複して依頼することができる契約のことです。依頼主が当初依頼した業者以外と媒介契約を結んだ場合、その事実を明示する義務があるもの(明示型)と明示する義務のないもの(非明示型)があります。物件を探している顧客にとっては、業者間で物件情報を共有することで幅広い情報の中から紹介できるメリットがありますが、依頼を受けた業者にとっては独占して取引を行うことができないので費用がかかる積極的な販売活動や手間のかかる売却活動を控える傾向などデメリットがあります。例えば、一般媒介契約を締結後しばらく売れていない物件ということが分かると、他社でもやってるからと、積極的に販売活動を行わないところが多くあります。

 

【関連記事】

▶︎意外に簡単かも!?不動産売買の流れをかんたん解説

▶︎媒介契約書には専属専任・専任・一般の種類があるって知ってた?

キーワードから用語を探す

キーワードを入力して検索

50音順から用語を探す

menu