マイホーム購入に必要な諸費用とは?

access_time2017年9月29日 更新

頭金がなくても家は購入できるって本当?マイホーム購入に必要な諸費用について

頭金がなくても家は購入できるって本当?マイホーム購入に必要な諸費用について

「マイホームを購入したいけど、頭金がないから買えない。」と、家の購入をあきらめている方もいるのではないでしょうか。しかし、「頭金なしで家を購入できる。」といったうたい文句をみると、もしかして買えるのではと期待を持つ方もいるかもしれません。

結論からいえば、頭金がなくても家は購入できます。しかし、住宅価格以外に諸費用というものがかかります。今回は、頭金なしで家の購入を考えている方にどのようなものが必要なのか詳しくみていきましょう。

家を購入するには、住宅ローン以外に諸費用がかかる

家を購入するには住宅価格だけで買える訳だけではありません。住宅ローンを使えば、ローン手数料もかかるのはご存知の方も多いでしょう。それ以外に、不動産会社に支払う仲介手数料や保証料、火災保険料・地震保険料といった「諸費用」がかかります。

一般的な目安ですが、新築物件では住宅価格の3~7%かかります。例えば3,000万円の家を購入したい場合、手数料は90万円~210万円かかるということです。一般的に諸費用は手元のお金から支払うというのが原則です。しかし、手元のお金がない方はそれを払うのは難しくなってしまいます。

このような場合、諸費用を住宅ローンに含めて借りられるものがあります。家の購入代金が3,,000万円で諸費用が210万円だったとすると、3,210万円が住宅ローンとして、かりることができるのです。

理想的な頭金は、住宅価格の2割程度といわれています。家を購入すれば、諸費用だけでなく、家具やカーテンなど生活に使うものを買う必要もあるでしょう。そのためにも少しでも貯金は残しておく必要はあるのではないでしょうか。

諸費用とは具体的にどのようなものが含まれる?

住宅ローンを組むのであれば、頭金のほかに諸費用が必要になります。内容は以下のようになっています。

・売買契約に関する費用

印紙代…売買契約書の印紙代

仲介手数料…不動産会社からの物件の仲介にかかる費用

・税金や登記費用

登録免許税…土地と建物所有の登記するための費用

司法書士等報酬…登記を司法書士に依頼する場合の費用

不動産所得税…不動産を取得するときにかかる費用

・ローンにかかる費用

事務手数料…金融機関に払うローンを組む時の手数料

ローン保証料…保証会社に住宅ローンの返済の保証を依頼するための費用

・家を買ったあとにかかる費用

火災保険料・地震保険料…家にかかる保険の費用

団体信用保険料…ローンを返済しているときに、契約者が亡くなったときにローンを完済できる

固定資産税・都市計画税…土地・建物に対して課税される税金

など、このほかにも費用がかかることがあります。

現在は低金利時代なので、住宅ローンを組んでもさほど負担がないのかもしれません。しかし、変動金利の場合将来毎月の支払が多くなることも考えられます。金利のことを考えてもやはり、自分の払える金額を知り、できるだけ住宅ローンの金額を減らすことが必要となるでしょう。

できれば、頭金は用意しておいたほうがいい

住宅ローンはやはり、頭金を用意しておいた方がいいということがわかっていただけたでしょうか。どうしても今すぐ家が欲しい、頭金は用意できないというのであれば、そういう方法もあるでしょう。

しかし、家を購入したあとも家に対するお金はいろいろ必要になっていきます。先ほど紹介したように、固定資産税や都市計画税、火災保険料や地震保険料、団体信用保険料、このほかにも、家を建ててから年数がたてば、壁や屋根または家の中の内装などの修繕費用もかかります。

これらを考えるとできるだけ早く住宅ローンの支払いを終わらせるために、できるだけ頭金を用意することが必要となるでしょう。

関連記事

あなたにオススメ

menu