MT LINKで資産総額と資産形成を明確化

access_time2017年8月9日 更新

資産総額の把握でき資産形成をサポート!マネーツリーの金融インフラサービス「MT LINK」

資産総額の把握でき資産形成をサポート!マネーツリーの金融インフラサービス「MT LINK」

給料の振り込み、クレジットカードの支払いなど、入出金の履歴を毎月きちんと把握していますか?サラリーマンなら毎月同じ日にお給料が入金されるのでチェックしていないという方もいるかもしれません。しかし、フリーランスの方や、不動産投資による家賃収入があるという方は、月末月初に入出金を確認している方も多いでしょう。

そんな方におすすめなのが、Moneytreeの金融インフラサービス「MT LINK」です。所有資産の確認や日々の入出金の管理が自動で確認できるツールとして多くの方に利用されています。実際どのようなサービスなのか、また活用されている様子も確認してみましょう。

Moneytreeの金融インフラサービス「MT LINK」とは

Moneytreeは、個人または法人の資産管理ができるサービスです。いつ銀行にお金が入金されたか、クレジットカードはどれだけ使ったか、レシートを入力すれば、家計簿管理としても使うことができます。

ひとつひとつ銀行口座を確認したり、クレジットカードごとに調べたりする手間もありません。銀行口座、クレジットカード、電子マネー、マイル・ポイントカード、証券口座などを登録するだけで、口座残高や利用明細などが自動的に更新されます。

また、今回は法人向けに金融インフラプラットフォーム「MT LINK」を構築し、FortunePocketの資産形成を目的としたサービスとMoneytreeと併用することでお金に関する管理をサポートすることを目的としています。

FortunePocketは、「すべての資産を」「末永く」「楽しく・お得に」「生活をより豊かに」をコンセプトにしています。今までお金の管理ができなかった方も、これからの人生におけるお金の不安を減らすことができ、お金の管理や投資などに力を入れたいという方におすすめのサービスです。

MT LINK by Moneytreeの5つの特徴

1.国内で一番利用されている金融インフラプラットフォーム

メガバンクをはじめ、大手会計ソフトウェア、地方銀行、不動産賃貸管理、自動車整備、経費精算、請求書発行、資産運用などお金を管理する分野などあらゆる方面で利用されています。不動産賃貸管理では、今まで目視だった家賃支払いの消し込み作業の効率化が進んでいます。

2.デジタルバンキングツールとして大きく可能性を広げることができる

国内2600社以上の銀行口座、クレジットカード、電子マネー、証券口座、ポイントカードなどの取引を一つにあつめ、いろいろなシステムと連携することができます。

3.高度な人工知能によって自動仕分けなどを強力にサポート

今までは、金融機関のデータの取り込みにCSV形式のデータを取り込むなどその業務について詳しくない人にはとても面倒な手続きでした。このMT LINK by Moneytreeを使うと、常に最新状態で自動的に情報を取り込むことができます。高度な人工知能を利用しているため、お金の管理に対して強力なサポートをしてくれます。

4.信頼できるセキュリティとプライバシー保護

プライバシーを重視しているため、個人情報を勝手に連携先に接続することもありません。従来のアカウント情報をもとに広告を配信するようなビジネスもおこなっていないので安心です。またMT LINKは金融業界の安全対策基準であるFISCをクリアーしたAmazon Web Serverを利用しているため、国内トップクラスのセキュリティを持っています。

5.MT LINK専任の営業コンサルタント最適なプランを提供

使い方は多種多様なので、それぞれ使い方により選任の営業コンサルタントが最適なプランを提案してくれます。どのように導入していけばいいかわからないなど相談できるので、導入後の不安も解消できます。

MT LINK by Moneytreeを使って資産投資もスムーズに

今まで賃貸業務などの資産管理が煩雑で毎月多くの時間を要していた方も、このサービスを使うと家賃消し込み作業などが楽になるでしょう。普段使っている銀行口座やクレジットカードの利用履歴などもすべてひとつで管理できるので、今までのような面倒な作業を減らすことができます。これから、うまく資産運用をしたいと思っている方は、このようなサービスを利用してみてはいかがでしょうか。



関連記事

あなたにオススメ

menu