access_time2017年10月26日 更新

火災保険についてどこまで知ってる?火災だけではないその他の補償とは

火災保険についてどこまで知ってる?火災だけではないその他の補償とは

家を購入するときに加入する火災保険。みなさんは補償内容についてどの程度把握していますか?実は火災保険というのは火災以外にもいろいろ補償されます。これから火災保険に加入する方や、今加入している方ももう一度火災保険について考えてみましょう。

火災保険はどのようなものが補償される?

家を購入するときに、一般的に火災保険に加入する方がほとんどですが、具体的に保険の補償内容についてどれくらい知っていますか?火災保険は火事が起こったときだけ補償されるものではありません。

火災保険には、建物と家財に分けられており別々に加入します。建物とは、門・車庫・浴槽など建物の外から内部にあるものまで入ります。家財は、テレビ・冷蔵庫・洋服なども含まれます。ただし、大型バイクや自動車などはどれにも含まれません。

火災保険に加入する方は、建物だけに入っている人もいれば、両方入っている人もいます。どちらに入っているかによって、火事などが起こったときに受け取れる補償内容や金額も変わっていきます。

また、火災保険は火事以外にも補償されます。火事以外には、台風や落雷が起きて屋根が飛んでしまったり、マンションなどの排水設備の故障で水漏れをした場合や、空き巣に入られて窓ガラスを壊されたり、家にあるものを盗まれたりした場合なども補償されます。これらは加入している火災保険によって異なります。

火災保険を選ぶときの注意点

・建物と家財どちらにも加入しておく

火災保険を選ぶとき、まず建物だけ・家財だけ・建物と家財の両方に加入しているか確認します。安いからという理由で建物だけに加入すると、もし災害が起きたとき後悔するかもしれません。できるだけ建物と家財両方加入しておきましょう。

・どのような補償内容があるか確認する

火災保険は、建物が火事により焼失したり、ガス爆発などで建物に損害が加わったり、落雷により電化商品が故障してしまったりした場合も補償されます。他にも、強風により屋根瓦が飛ばされてしまったり、台風によりドアやガラスが割れてしまったり、豪雨などの水の浸水により家財が被害を受けた場合も補償されます。このように火事以外にも多くの事故に対して補償します、実際どのようなものが補償されるのか確認しておきましょう。

・地震保険の加入も検討しておく

地震が起きた場合、家屋が火事により焼失してしまったり、倒壊したり、津波で流されてしまった場合は補償されませんのでこのような場合も考えて別途地震保険に入る必要があります。すべての火事に対して補償されるという訳ではないので注意が必要です。

・保険期間は1年ごとや35年など長期契約もできる

火災保険は、1年ごとに契約を更新したり、最初から35年など長期で契約したりすることも可能です。1年で契約するよりも、長期間で契約する方が保険料は安くなるので、将来火災保険を変更する予定がないのであれば長期間契約しておきましょう。

・補償内容を選べる火災保険もある

火災保険には、建物と家財にわけられると説明しましたが、どうしても料金が高くなってしまうので、もう少し予算を抑えたいという方もいるでしょう。そのような方には、火災保険の建物・家財それぞれの補償内容から細かく選ぶ保険もあります。

例えば盗難や水漏れは他の保険で補償があるのでいらないといったように、不要なものを選ばないことができます。この火災保険は、細かく補償内容を選びたいという方におすすめです。

火災保険に失敗しないために、契約内容について十分検討しておく

火災保険の内容がよくわからないからといって、保険会社がすすめるものをそのまま加入しているという方もいるでしょう。しかし、もしもの災害に備えて調べておくことはとても大切です。この機会に火災保険に加入している方ももう一度自分の保険を確認しておきましょう。

関連記事

あなたにオススメ

menu