access_time2017年3月29日 更新

最近よく聞く無担保ローンはメリット・デメリットを知るべし!

最近よく聞く無担保ローンはメリット・デメリットを知るべし!

こんにちは、自称“不動産業界の申し子”、コンサルタントF山です。

最近、よく耳にするようになった「無担保住宅ローン」。興味はあるものの、詳しくは知らないという方も多いのではないでしょうか。一般的な住宅ローンとは何が違うのか、メリット・デメリットは何なのか、気になる無担保住宅ローンを解説します。

セカンドハウスの購入に、なぜ「無担保住宅ローン」?

E村さんは、伊豆半島のリゾート地にあるセカンドハウスを購入するにあたって住宅ローンを検討していました。そんな時に釣り仲間の知人から勧められたのが、「無担保住宅ローン」でした。

そもそも無担保住宅ローンとは、文字通り担保が不要な住宅ローンのこと。住宅ローンといえば、当然ながら担保がつきものですよね。それなのに無担保住宅ローンは担保なしで融資をしてくれるわけですから、E村さんは「そんなうまい話があるはずない」と、訝しげに知人の話を聞いていました。実際メリットもあれば、もちろんデメリットもあります。

無担保住宅ローンのメリットは「手続きが簡単」「融資が早い」

◎審査から融資実行までが迅速に進む

無担保住宅ローンは担保設定の手間がいらず、設定費用もかかりませんので、通常の住宅ローンよりも審査がスピーディーなのが特徴です。融資も素早く受けることができます。

◎セカンドハウス取得を目的としたローンが容易に組める

通常、セカンドハウス購入を目的とする場合には住宅ローンが組めないことがありますが、無担保住宅ローンならOK。セカンドハウス以外にも、中古マンションなどを安価で購入して自由にリノベーションして暮らす--。そんな夢の後押しもしてくれます。

デメリットは「金利が高い」「融資額が低い」「返済期間が短い」

◎金利が高めに設定されている

無担保という特性上、金利は通常の住宅ローンよりも1.0~1.7%ほど高めに設定されています。

◎融資限度額が低い

無担保住宅ローンの融資限度額は、ほとんどの上限が1000万円とされています。

◎返済期間が短い

通常の住宅ローンは30年以上の長期借り入れが可能ですが、無担保住宅ローンは最長でも15~20年程度です。

%e6%9c%80%e8%bf%91%e3%82%88%e3%81%8f%e8%81%9e%e3%81%8f%e7%84%a1%e6%8b%85%e4%bf%9d%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%81%af%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%bb%e3%83%86%e3%82%99%e3%83%a1%e3%83%aa

 

次回も、コンサルタントF山がちょっと難しい不動産用語を分かりやすく解説します。どうぞお楽しみに!



関連記事

あなたにオススメ

menu