access_time2017年1月19日 更新

安全な暮らしのために知っておきたい!新・旧耐震基準、どれくらい違う?

安全な暮らしのために知っておきたい!新・旧耐震基準、どれくらい違う?

こんにちは、自称“不動産業界の申し子”、コンサルタントF山です。

地震大国・日本では、大きな地震を経験する度に建物の耐震基準を厳しくしてきました。住まいの耐震性能は、家族の命を地震から守る大切な性能です。旧耐震基準と新耐震基準の違いを知って、家族みんなが安心して暮らせる住まいの実現を真剣に考えていきましょう!

新旧2つの耐震基準があるのはナゼ?

待望の戸建住宅を購入することになったY田さん。神戸出身のY田さんは10歳のときに阪神淡路大震災を体験したこともあり、購入にあたって耐震面のチェックもしっかりと行いたいと考えていました。その過程で、耐震基準には旧耐震基準新耐震基準があることを知り、詳しく調べることにしました。

そもそも「耐震基準」とは、建物が地震に耐え得る能力を規定したもので、関東大震災の翌年1924年に施行されたそうです。この耐震設計が全国の建物に初めて義務付けられたのは1950年のこと。建築基準法が制定された年です。その後、各地で起きた地震被害を受けて1971年と1981年6月の2度にわたり建築基準法の改正が行われました。そこで1981年5月以前の耐震基準を「旧耐震基準」、1981年6月以降の耐震基準を「新耐震基準」と区別するようになったのです。

震度5程度の地震に耐えられる「旧耐震基準」

旧耐震基準の建物は、震度5程度の中規模の地震に耐えるように設計されており、大地震に対するチェックはされていません。いまだ記憶に新しい阪神淡路大震災や東日本大震災が最大震度7を計測したことを考えると、旧耐震基準では安全性が不十分だと思う人が多いでしょう。1981年5月以前に建てられた建物であれば、新耐震基準に対応した耐震診断が必要となります。

震度6強以上の地震で倒れないが「新耐震基準」

新耐震基準では、地震による建物の倒壊を防ぐだけではなく、建物内の人間の安全を確保することに重点が置かれました。また、住宅の規定については、震度6強以上の地震で倒れない住宅であるということに変わりました。新耐震基準以降の建物は、中規模の地震に対して損壊しないこと、さらに大地震に対して倒壊しないことや、平面と立面的にバランスよくすることなどが求められています。

%e6%97%a7%e8%80%90%e9%9c%87%e5%9f%ba%e6%ba%96%e6%96%b0%e8%80%90%e9%9c%87%e5%9f%ba%e6%ba%96

「なるほど、建築年月日でざっくりと耐震性を見極めることができるのか」と思ったY田さんに、一言。新耐震基準の建物の判断は、1981年6月以降に建てた建物ではなく、1981年6月以降に建築確認を受けた建物です。お間違えないように。

 

次回も、コンサルタントF山がちょっと難しい不動産用語を分かりやすく解説します。どうぞお楽しみに!



関連記事

あなたにオススメ

menu