地方での不動産投資を成功させる秘訣とは

access_time2017年12月4日 更新

地方で不動産投資を成功させるには、どのような点に注意すればいいのか

地方で不動産投資を成功させるには、どのような点に注意すればいいのか

特に東京などの都心の物件はかなり費用がかかるため、購入を迷う方もいるでしょう。かといって、地方の物件は購入しても利益がでるのか心配でしょう。また、知らない都市の物件ならさらに不安になるのではないでしょうか。

そこで、今回は地方で物件を購入する場合、どのようなことに注意しておけばいいか、また地方での物件の探し方についても紹介していきます。

都心と地方の物件の違いとは

地方は利回りの高い物件が多いので、地方で物件を探した方が得だと考える方もいるかもしれません。また、満室経営が維持できるのであれば、地方の物件を購入しても問題ありません。しかし、最初は満室経営ができたとしても、いつまでもその状態を維持できるでしょうか。特に、その地域に住む人が年々少なくなれば、賃貸経営が難しくなります。さらに賃料の値下げを考えなければいけません。また、徐々に空き室が多くなり、経営を維持するために赤字になることも考えられます。また、売却しようとしても、買い手がつかないということもあります。

一方、都心であれば利回りが低くても、満室状態を維持することができる物件も多いです。将来賃料の値上げも期待できますし、物件を売却するとしてもすぐに買い手がつくでしょう。こうやって考えるとやはり、都心の物件を購入したほうが安心できるのでは?と思う方が大半かもしれません。では、なぜ地方で物件を購入した人がうまくいっているのでしょうか。また、地方で物件を探す場合どのようなことに注意すればいいのでしょうか。

地方の物件は高利回りの物件が多いが、満室にするのは難しい

ここまで読めば、地方の物件はハイリスクで、ハイリターンだということがわかります。しかし、コツさえつかめば地方でもうまく利益を得ることができます。それではどのようなことに気を付けていけばいいのか説明していきましょう。

①地元の不動産業者がその物件の価値を理解していない場合がある

このような物件を見つけ出すことは、簡単なことではありません。これは自分の目で物件を確認し、念入りに調査してから購入することが必要となるでしょう。しかし、実際地方にいけばこのような物件は比較的多いといわれています。

②地方の物件の管理をしてもらうために信頼できる業者を見つけること

業者に対しても細かく丁寧に対応し、自分がどれだけこの物件に力を入れているかということを伝えるということも大切です。このようなことを伝えるだけで、管理を委託する業者も物件の管理に力を入れてくれる場合が多いのです。

③管理業者の要望を聞き、一緒に経営をしていく

不動産経営をするのは基本的にオーナーですが、管理業者と一緒に経営を成り立たせていくという考え方も大切です。例えば、マンションの修繕やリフォームなどできるだけ費用を抑えたいというのが本音だと思います。しかし、できるだけ入居者に入ってもらうためには、近隣にある物件より設備やリフォームにお金をかけることも必要でしょう。そこで費用を節約してしまえば、中途半端な物件になってしまうこともあります。

④空室が多い場合は、賃料を下げるということも考える

できるだけ賃料を下げたくないのが本音だと思います。しかし、賃料をいつまでも下げずにそのままの状態でいればいつまでたっても入居者は増えず、逆に減る可能性もあります。他の物件と差をつけるためにも、あえて賃料を下げる勇気も必要となっていくでしょう。

まとめ

地方で不動産投資を成功させるには、さまざまな努力が必要となるでしょう。いつまでも同じことを繰り返しているだけでは、いつまでたっても入居者は増えず、赤字が増えるばかりです。自分の考えだけを押し付けるのではなく、地元の管理業者の意見を聞いていくことも必要となるでしょう。

関連記事

あなたにオススメ

menu