相続時の住宅ローン返済は団信が便利

access_time2017年3月24日 更新

住宅ローン返済中の家を相続したなら知っておきたい「団信」のこと

住宅ローン返済中の家を相続したなら知っておきたい「団信」のこと

こんにちは、自称“不動産業界の申し子”、コンサルタントF山です。

突然ですが、「団信」のことをご存じでしょうか?「実家を相続することになったが、住宅ローンが残っていた……。どうしよう……」そんな時には、「団信」が大いに力になります。

実家を相続したけど、住宅ローンが残っていた!そんな時、どうする!?

父親が亡くなり、実家を相続することになったK谷さん。実家には、父親名義の住宅ローンが完済されずに残っていました。実家を出たあと、ずっと賃貸暮らしだったK谷さんは、急に重くのしかかった「相続」と「住宅ローン」の問題に頭を悩ませていました。

住宅ローンの残りの支払いは自分が支払っていかなければならないのだろうか。最悪、売却も考えなければならないのだろうか……。そんな考えが頭の中を駆け巡り、オフィスで暗い顔をしていると、かつて同じような経験をしたという上司から「K谷くん、団信のことは知っているか?」と声をかけられました。初めて聞いた「団信」という単語に、K谷さんは首を傾げました。

「団信」って何?何を保証してくれるの?

「団信」とは、「団体信用生命保険」のことを指します。住宅を購入する時、住宅ローンを借り入れる場合は、たいてい「団信」に加入しなければなりません。K谷さんの父親のように、住宅ローンの借り主が返済途中で亡くなった場合や、傷害や疾病などで高度障害の状態になった場合は、残りの住宅ローンのすべてを「団信」の保険金で支払うことになります。住宅ローンの残債を支払う必要はなく、平たく言うと“チャラ”になるのです。つまり住宅ローンを完済した扱いになりますので、残されたご家族は現在お住まいの家にそのまま安心して暮らせます。

「団信」の手続きはどうすればいいの?

まずは、住宅ローンの借り入れ先である金融機関に、借り主が亡くなったことを迅速に知らせましょう。団信によって住宅ローンが完済となった場合、相続人はローン残高の支払い義務を背負うこともなく、さらに金融機関が物件に設定していた抵当権なども抹消されます。抵当権抹消の詳しい手続きについて知りたい方は、「住宅ローンを完済したら抵当権を抹消すべし!忘れると面倒なことに!?」をあわせてお読み下さい。

もし団信の存在を知らずに、住宅ローンを継続して支払ってしまったとしたら、どうなるのでしょうか?もちろん余分に支払った期間のお金は戻ってきます。住宅ローンの借り入れ先である金融機関に確認してみましょう。

%e4%bd%8f%e5%ae%85%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3%e8%bf%94%e6%b8%88%e4%b8%ad%e3%81%ae%e5%ae%b6%e3%82%92%e7%9b%b8%e7%b6%9a%e3%81%97%e3%81%9f%e3%81%aa%e3%82%89%e7%9f%a5%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%8a%e3%81%8d

 

次回も、コンサルタントF山がちょっと難しい不動産用語を分かりやすく解説します。どうぞお楽しみに!



関連記事

あなたにオススメ

menu