住宅ローン完済後の抵当権抹消について

access_time2017年3月10日 更新

住宅ローンを完済したら抵当権を抹消すべし!忘れると面倒なことに!?

住宅ローンを完済したら抵当権を抹消すべし!忘れると面倒なことに!?

こんにちは、自称“不動産業界の申し子”、コンサルタントF山です。

このコラムを読んでいるということは、住宅ローンを完済した方でしょうか?もしくは完済目前という方もいるかもしれませんね。浮かれモードに水を差すようで申し訳ありませんが、ローン完済後、抵当権の抹消はお済みですか?えっ、まだですか!?それは大変です!このコラムで抵当権の抹消について、詳しく学んでいきましょう。

住宅ローン完済したら、抵当権の抹消をお忘れなく!

35年前に新築で一戸建てを購入したY川さん一家。このたび、めでたく住宅ローンが完済となります。Y川さんも、ローン完済後に抵当権を抹消しなければいけないことを知らなかった一人です。数年前に同じく住宅ローンを完済した友人との会話のなかで、「ローンを完済しても自動的に抵当権が抹消されるわけではなく、自ら手続きをしなければいけない」という事実を知り、驚愕しました。

ちなみに「そもそも抵当権って何だっけ?」という方は、「似ているようで全然違う!根抵当権と抵当権の違いをマスターしよう!」も併せてお読みくださいね!

抵当権の抹消手続きはどうするの?

住宅ローンを完済すると、金融機関から抵当権を抹消するための手続き書類がご自宅へ届くはずです。その書類に記入し、管轄の法務局で申請手続きを行います。どうしても自力での手続きが難しい場合は司法書士に依頼することもできますが、およそ1万円前後の費用がかかるため、よほど時間のない方以外はご自身で申請することをおすすめします。

%e4%bd%8f%e5%ae%85%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%92%e5%ae%8c%e6%b8%88%e3%81%97%e3%81%9f%e3%82%89%e6%8a%b5%e5%bd%93%e6%a8%a9%e3%82%92%e6%8a%b9%e6%b6%88%e3%81%99%e3%81%b8%e3%82%99%e3%81%97

抵当権の抹消をしないと問題があるの?

抵当権の抹消には特に期限がありません。それを聞いたY川さんは「それなら、わざわざ抹消する意味ってあるの?」と思いました。しかし、手続きを完了していないと次のようなケースで不都合が発生するため、できるだけ早期に抹消しておきましょう!

【ケース1】家を売却するとき、不動産を担保にして新しいローンを組むとき

抵当権の抹消がされていないと、登記上はまだローンが残っているのと同じ状況であるため信用性が低下し、不動産の売却や新しいローンの借り入れが難しくなります。

【ケース2】不動産の所有者が死亡して相続が発生したとき

抵当権の抹消をしないまま、もともとの所有者が亡くなったときは、相続後に相続人が手続きを行わなくてはなりません。将来、相続の対象となる親族に面倒をかけてしまう可能性があります。

%e4%bd%8f%e5%ae%85%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%92%e5%ae%8c%e6%b8%88%e3%81%97%e3%81%9f%e3%82%89%e6%8a%b5%e5%bd%93%e6%a8%a9%e3%82%92%e6%8a%b9%e6%b6%88%e3%81%99%e3%81%b8%e3%82%99%e3%81%972

 

次回も、コンサルタントF山がちょっと難しい不動産用語を分かりやすく解説します。どうぞお楽しみに!



関連記事

あなたにオススメ

menu