不動産投資を始める時に必要なキャッシュフローとは

access_time2017年8月8日 更新

不動産投資を始めるならキャッシュフローを正しく理解しよう!

不動産投資を始めるならキャッシュフローを正しく理解しよう!

こんにちは、自称”不動産業界の申し子”、コンサルタントF山です。

キャッシュフローとは、手元に残るお金のこと。不動産投資を成功させるには、このキャッシュフローが重要です。それぞれの投資方針に応じてきちんとキャッシュフローをコントロールしていけば、効率的な不動産投資を行うことができるのです。今回は「なぜ不動産投資でキャッシュフローが大切なのか」をご説明いたします。

キャッシュフローの軽視は不動産投資の失敗を招く?

近々不動産投資を始めたいと考えているU村さんは、具体的な物件選びと並行して投資の勉強にも余念がありません。

コンサルタントF山
U村さん、クイズです。不動産投資でいちばん大切なのは何だと思いますか?
U村さん
やっぱり利益でしょう
コンサルタントF山
もちろんそうですね。でも確実に利益を出すためにはキャッシュフローが大切なのです
U村さん
キャッシュフロー?お金の流れが、そんなに重要なんですか?
コンサルタントF山
不動産投資って中長期的な投資ですよね。キャッシュフローをおろそかにしていては、大きな利益を失うと言っても過言ではありませんよ
U村さん
それは大変だ!どういうことか、もっと詳しく教えていただけませんか?
コンサルタントF山
まずキャッシュフローは単にお金の流れを知るものではなくて、『収入の最大化』と『支出の最小化』を図るためのものです
U村さん
ふむ……
コンサルタントF山
不動産投資を企業の経営に例えて考えてみましょう。キャッシュフローを正しく把握できていないと健全な資金繰りができずに、最悪の場合は黒字倒産することも……
U村さん
えっなぜですか?
コンサルタントF山
ズバリ、帳簿上の利益と、実際に手元に残るキャッシュフローは違うからなんです
U村さん
わかるような、わからないような……
コンサルタントF山
帳簿上では、実際には現金の出し入れを伴わない経費が計上されていることや、その逆もありえます。そうなるとキャッシュフローと変わってくるのは当然ですよね?
U村さん
確かにそうですね。帳簿でいくら利益が出ていても、手元にお金がないのでは意味がない。気付かないうちに文無しになっていたらと思うと……あぁ、恐ろしい!
コンサルタントF山
そう、だから不動産投資ではキャッシュフローが重要なのです。特に投資を始めたばかりの方には、強く心に刻んでほしいので必ずお伝えしているんですよ
U村さん
投資初心者ほど、キャッシュフローが重要……

投資の初期ほどキャッシュフローが大切!

ここまでのご説明で、不動産投資におけるキャッシュフローの重要性はご理解いただけたことでしょう。とりわけ投資の初期段階においては、キャッシュフローが重要になります。安定的にキャッシュフローを残せることで月々のローンがきちんと返済できたり、新たな投資を始めるための資金源になったりするためです。今後どんどん不動産投資をやっていきたい人も、そうでない人も、初めはキャッシュフローを第一に考えた計画を立てることをおすすめします。

万が一、キャッシュフローがマイナスになってしまったら、そもそも収入を増やすために始めた不動産投資が本業の足をひっぱることにもなりかねません。そうならないためにも「手元にどれだけお金が残るのか」を常に意識したうえで資産を増やすこと。これが不動産投資の成功の近道なのです。

キャッシュフローを計算してみよう

キャッシュフローは、おおむね次の計算式で算出することができます。

%e4%b8%8d%e5%8b%95%e7%94%a3%e6%8a%95%e8%b3%87%e3%82%92%e5%a7%8b%e3%82%81%e3%82%8b%e3%81%aa%e3%82%89%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%95%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%92%e6%ad%a3%e3%81%97

%e4%b8%8d%e5%8b%95%e7%94%a3%e6%8a%95%e8%b3%87%e3%82%92%e5%a7%8b%e3%82%81%e3%82%8b%e3%81%aa%e3%82%89%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%95%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%92%e6%ad%a3%e3%81%97

実際に、次の条件で具体的にキャッシュフローを計算してみましょう。

%e4%b8%8d%e5%8b%95%e7%94%a3%e6%8a%95%e8%b3%87%e3%82%92%e5%a7%8b%e3%82%81%e3%82%8b%e3%81%aa%e3%82%89%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%95%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%92%e6%ad%a3%e3%81%97

キャッシュフローをいかに多く残せるかは、年間ローン返済額を減らすことにかかってきます。それには、ローンの借入期間を長く設定しましょう。長ければ長いほど返済額が少なくなって、キャッシュフローの金額は厚くなります。当初はキャッシュフローをプラスすることに留意してある程度余裕ができたら繰り上げ返済をしましょう。

%e4%b8%8d%e5%8b%95%e7%94%a3%e6%8a%95%e8%b3%87%e3%82%92%e5%a7%8b%e3%82%81%e3%82%8b%e3%81%aa%e3%82%89%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%95%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%92%e6%ad%a3%e3%81%97

 

次回も、コンサルタントF山がちょっと難しい不動産用語を分かりやすく解説します。どうぞお楽しみに!



関連記事

あなたにオススメ

menu