access_time2017年4月10日 更新

スルガ銀行ならローン審査が通りやすい?オーバーローンは慎重に。

スルガ銀行ならローン審査が通りやすい?オーバーローンは慎重に。

こんにちは、自称“不動産業界の申し子”、コンサルタントF山です。

他行に比べると住宅ローンの審査が下りやすいと言われているスルガ銀行。融資を受けやすく、フルローンやオーバーローンを実現できる可能性も高いと言われています。

このコラムではスルガ銀行の融資の特徴、フルローンやオーバーローンのメリット・デメリットについて解説していきます。

スルガ銀行はなぜ不動産投資家の”駆け込み寺”的な存在なの?

「スルガ銀行がダメなら、もう融資は諦めるしかない」不動産投資に関心がある方なら一度は聞いたことがある言葉かもしれません。不動産投資家の間では、なぜスルガ銀行が“駆け込み寺”として語られているのでしょうか?

それは他の金融機関が融資をためらうような物件であっても、スルガ銀行は積極的な融資を実行しているからです。その代わり4.5%という高金利での貸出になりますが、藁にもすがる思いで融資を申し込んでいる人にとっては十分メリットがあるでしょう。また大きな特徴として、融資審査がスピーディーであることが挙げられます。他の金融機関が融資審査に1ヶ月以上を費やすところ、スルガ銀行は最速3営業日で審査を出してしまうこともあるそうです。

さらに、スルガ銀行が“駆け込み寺”として重宝されている理由として忘れてはならないのが、フルローンやオーバーローンで融資を受けることも決して不可能ではないという点です。

「フルローン」「オーバーローン」って一体なに?

フルローンとオーバーローンは、いずれも頭金なしで組むローンのことを言います。フルローンの場合、物件価格の全額を借り入れて、諸費用(登記費用、銀行手数料、火災保険料、仲介手数料、固定資産税清算金、不動産取得税など)は自己資金でまかなうことになります。一方のオーバーローンの場合、物件価格から諸費用まで(=総事業費用)を全額借り入れることになります。詳しくは下図を参照してください。

%e3%82%b9%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%82%99%e9%8a%80%e8%a1%8c%e3%81%aa%e3%82%89%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3%e5%af%a9%e6%9f%bb%e3%81%8b%e3%82%99%e9%80%9a%e3%82%8a%e3%82%84%e3%81%99%e3%81%84%ef%bc%9f

%e3%82%b9%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%82%99%e9%8a%80%e8%a1%8c%e3%81%aa%e3%82%89%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3%e5%af%a9%e6%9f%bb%e3%81%8b%e3%82%99%e9%80%9a%e3%82%8a%e3%82%84%e3%81%99%e3%81%84%ef%bc%9f2

頭金なしのフルローンやオーバーローンのメリット・デメリットは?

頭金なしでローンが組めるということは、極端に言えば自己資金がほとんどなくても不動産投資が始められるということです。スピードとタイミングが重要な不動産投資においては、自己資金が貯まるまで行動を起こせないとなると、良い物件があらわれたとしてもせっかくのチャンスを逃してしまう可能性があります。効率的かつ有意義な不動産投資を行うためには、フルローンやオーバーローンが大きな助けとなることは間違いありません。

逆に頭金がないということは、自己資金を含めた場合と比較すると返済総額と毎月の返済額が大きくなります。さらに高金利の融資を受けたとしたら、ますます返済額は増大します。万が一、購入したアパートやマンションの空室が埋まらなかった場合、当初の計画とは異なり、月々の返済が厳しくなることも。最悪、その物件を売却してもローンが残ってしまうリスクも考えられます。

このようにフルローンやオーバーローンで不動産投資を行うには、良い点も悪い点もあります。スルガ銀行で融資を受ける場合、今後の返済計画をきちんと立てたうえで臨むことが大切です。

 

次回も、コンサルタントF山がちょっと難しい不動産用語を分かりやすく解説します。どうぞお楽しみに!



関連記事

あなたにオススメ

menu