access_time2017年1月10日 更新

お金をムダにしない!賢い住宅ローンの選び方

お金をムダにしない!賢い住宅ローンの選び方

夢のマイホームを手に入れようと決めたら、次に考えるのは住宅ローンです。長期にわたる住宅ローンを、ムダなく賢く支払うにはどうすればいいのでしょうか?固定と変動、どちらの金利がお得なのでしょう。このページでは、住宅ローンの選び方について解説していきます。

金利タイプは固定と変動の2つがある

住宅ローンは、大抵が長期にわたり、トータルすると金利も含めて莫大な金額の支払いになるため、できるだけお金をムダにしない賢いローンを組む必要があります。まず、住宅ローンを選ぶ際には、金利タイプを決めることが要です。金利タイプは、固定金利変動金利の2種類があります。

固定金利は、ローンを組んだときの金利が20年、30年、35年など、支払いが終わるまでの期間中に変わることがありません。変動金利は、景気変動によって適用される金利が半年に1度見直されるので、半年ごとに金利が変わる金利タイプのことをいいます。

固定金利も変動金利も、それぞれにメリット・デメリットがあるので、どちらがお得だとは断定できませんが、ライフプランに合わせて考えたときに、1番良い金利タイプが見えてきます。

住宅ローンの選び方はライフプランに合わせて

固定金利は、例えば、定年までの家族内の出費などを優先させ、毎月のローンの支払い額を固定化したい、金利の変動をチェックするのが煩わしいなど、安定した支払いを希望する人に向いています。また、変動金利は当初金利や景気が悪化した場合に低金利となるため、少しでも低金利で支払いたい場合に有効でしょう。

ですが、金利が景気に左右されやすいので、返済計画が立てにくいという面もあります。また、固定金利と変動金利のミックス型という金利プランもあります。これは、教育費などで出費がかさむ当初は、金利が安く返済計画が立てやすい固定金利で、その後は変動に、というフレキシブルなプランです。

家族の有無やライフプランを踏まえ、しっかりとした資金計画を立てましょう。

%e3%81%8a%e9%87%91%e3%82%92%e3%83%a0%e3%82%bf%e3%82%99%e3%81%ab%e3%81%97%e3%81%aa%e3%81%84%ef%bc%81%e8%b3%a2%e3%81%84%e4%bd%8f%e5%ae%85%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%81%ae%e9%81%b8%e3%81%b2%e3%82%99

銀行のキャンペーンや付帯特典もチェック!

同じ固定金利、変動金利でも、銀行によって金利の違いがあります。よくある給与引き出し口座と同じ銀行でローンを組むというのではなく、ネット銀行も含めた、さまざまな銀行の金利キャンペーンや付帯特典をチェックしましょう。ネット銀行では、店舗に行くことなくネット上で手続きが可能なことや、金利の引き下げキャンペーン、保証料無料や団信(団体信用生命保険)、疾病保障保険料無料などの特典を設けている銀行があります。また、大切なことは、金利だけに目を奪われずに諸経費にかかる総額も確認しましょう。

金利が安くても、諸経費が多額な場合もあります。シミュレーションをし、全体の総額を把握して金利タイプを決定することが、最終的にムダのない住宅ローンの選び方といえるでしょう。



関連記事

あなたにオススメ

menu